東瀛学院トップロゴ

ベトナム語

中文

英語

日本語

  • トップ
  • 学校案内
  • コース概要
  • 生活支援・サポート
  • お申し込みのご案内
  • お問い合わせ

進学コース

会話コースの申し込み方法のご案内です。学院で留学ビザを申請する内容です。

入学資格

1.本国において通常の課程による12 年以上の学校教育を終了している者。

2.日本語能力試験の5 級、J-TEST F 級、NAT-TEST5 級以上に合格している者。またはそれと同等の日本語能力のある者。

3.東瀛学院の選考に合格し、その後も入国前まで母国で勉強をしっかりと続けた者。
(「書類審査・筆記試験等」の選考により判断し、その後も勉強をしっかりと続けているかを面談時に試験等で判断します)

4.結核等の法定伝染病にかかっておらず、健康な者。(「健康診断について」参照)

納付金額 (消費税別途)

選考料 入学金 授業料 合計
1年目 ¥30,000 ¥50,000 ¥690,000 ¥770,000

学期開始時期

1月、4月、7月、10月の年4回

申請期間と結果通知時期

入学月 募集時期 結果通知 入学時期
1月生 5月-7月 11月上旬 1月
4月生 8月-10月 2月下旬 4月
7月生 12月-1月 5月中旬 7月
10月生 2月-4月 8月下旬 10月

入学手続き(出願書類)

本人が準備する書類 入学願書 *本人が自筆で記入してください。パソコン等によりデータ入力をした場合でも、内容をよく確認し、日付・名前・署名については、自筆で記入してください。
*出生地:出生地は戸籍にあるように~市まで記入してください。
*現住所:各種証明書と必ず一致していることを確認してください。
*連絡先:連絡先は東瀛学院からの手紙等が確実に届く住所であること。また、電話番号についても必ず、連絡が取れる番号を記入してください。
*氏名欄:Last Name(Family name), First Name, Middle Name の順に記入してください。
履歴書(2ページ) *本人が自筆で記入してください。パソコン等によりデータ入力をした場合でも、内容をよく確認し、日付・名前・署名については、自筆で記入してください。
*現住所と出生地:各種証明書と必ず一致していることを確認してください。
*内容:願書などの申請書類と内容が一致し、学歴及び経歴はすべて記入してください。
*学歴:東瀛学院に入学する前に、現在の学校を卒業する予定の人は卒業予定年月の欄に予定の卒業年月と(予定)と記入してください。
学校名、入学卒業年月は卒業証書に記載されている年月と同じであるか確認し記入してください。
*経歴:職歴 職場の名称など在職証明書の内容と必ず同じに記入してください。
日本語学習機関名、入学卒業年月は日本語学習証明書を見て記入してください。
来日歴に関してパスポートを参照して正確にすべて記入してください。
*住所:省略せず詳しく記入してください。(例 ××市××区××号)
*留学理由:日本留学の動機と理由をはっきりと書いてください。現在学んでいる専門分野と関連付けて、また卒業後の仕事において身につけた知識と関係して具体的に何をどのように学習したいか、そして学習後の計画を筋道立てて理屈がたつように記述してください。日本語は学ぶ手段です。目的・理由は日本語を学んでどうするかです。大げさに書かず、実情をそのまま正直に記入してください。
*留学理由を別紙に書く場合、別紙に記入し, わかるように留学理由書に記入して、別紙にその留学理由を記入するとともにその別紙にも本人の氏名と記入年月日を書き捺印してください。
*進学を希望する人は、自分でインターネット等を使い進学先を調べてその学校名と学部・学科を正確に必ず記入してください。
卒業証書と成績証明書 *高校などの最終卒業校の卒業証書と成績証明書を提出してください。
*最終学校の卒業証書に記載ミス(例えば、氏名、年齢、生年月日、学校の印章が不鮮明である、整理番号が記入されていない等)があるときは、その学校が間違いの内容を訂正・説明する証明書を提出してください。
*3年制の普通中学校と高校において、その在籍期間が3年未満または3年を超えているときは、その学校の発行する証明書が必要。
*高校卒業見込みの学生は卒業見込み証明書と成績証明書を、大学在学生は在学証明書と成績証明書を提出し、卒業後はすみやかに卒業証書を提出してください。
日本語学習証明 *学習時間(150 時間以上)、学習期間、使用教材、出席率、学習成績と能力が記載されている日本語学習証明書を提出してください。
*高卒・短大卒・専門学校卒の場合には、『日本語能力試験』N5 以上に合格、J-TEST 準F級以上、NAT-TEST 5級以上の合格証明書(原本)を提出してください。
在職証明書 *在職している人のみ提出してください。
パスポートのコピー *パスポートを所有している人のみ、写真と身分事項が記載されているページのコピーを提出してください。
*以前日本に来たことがある人は、ビザ(在留資格、在留目的、在留期間が記載されている)のあるページと出入国年月日のスタンプがあるページのコピーを提出してください。
証明写真8枚 *3ヶ月以内に撮影された同一の写真(横3cm×たて4cm)を8枚提出してください。
*正面を向き、上半身、無帽、無背景の写真を撮ってください。
*裏面に氏名・生年月日を必ず記入してください。

入学手続き(申請書類)

*母国内で発行された文書は入国管理局に提出する前の3ヶ月以内のものに限ります。

*[日本]日本国内で発行された文書は1ヶ月以内のものに限ります。

*書類は本人が自分で必ず記入してください。

  • 黒のボールペンか万年筆ってください。消えるボールペンは使えません。
  • 塗りつぶしたり書きなぞったり手を入れて訂正したりしないでください。
  • 訂正するときは修正液を使わないでください。二重線を引いて訂正印を押してください。
  • 履歴書を記入する際には、インクの色や字体を変えずに記入してください。申請を拒否される場合があります。

*学校や会社、政府発行の書類など、その他の機関が出した証明書について

  • 専用用紙のレターヘッドや公印、機関名称など全て一致すること。
  • 落款と公印の順序は、必ず落款の後に公印を押すこと。
  • 発行人の肩書き、署名、捺印が必ずあること。
  • 専用用紙に機関の連絡先電話番号や住所が印刷されていない場合、注意書きが必要である。

経費支弁者の書類(母国内に住む人が経費を負担するときに用意する書類)

経費支弁者が準備する書類 経費支弁書 *経費を負担する人、本人が自筆で記入してください。パソコン等によりデータ入力をした場合でも、内容をよく確認し、日付・名前・署名については、自筆で記入してください。
*経費を負担するに至ったいきさつをはっきりと具体的に書いてください。経費支弁書の所定の欄に書ききれない場合は、別紙に記入し、別紙に記入する旨をその欄に書き、別紙には経費支弁者の氏名、記入年月日などを書き、捺印してください。
*経費支弁者が、両親ではない場合、なぜ両親ができないのかについても書いてください。
*住所は各証明書の住所と同じ住所を記入してください。
*生活費は生活費として学生に送る毎月の平均金額を書いてください。
*送金方法を具体的に書いてください。特に、留学のための貯蓄を預けている銀行から海外送金ができない場合には、どのように送金をするかについても具体的に記入してください。
*支払い方法として、時期を具体的に記入してください。例えば、『在留資格認定証明書を取得したら1年目の学費等を学院指定の口座に振り込みます。日本での生活費は6ヶ月ごとに、また2年目の学費をビザ更新の前に本人の口座に振り込みます。』など
親族関係公証書 *公証書に関係人の氏名, 性別, 生年月日及び住所がはっきりと書かれていることを確認してください。
*両親が経費負担をするときは、本人と両親双方との関係を証明し、親戚が経費負担をするときは、本人と両親、両親と親戚のそれぞれの関係を証明する公証書がそれぞれ必要です。
*現住所は各種証明書の住所と同じであること。もしも違う場合はなぜ違うのかの説明書をつけてください。
銀行預金残高証明書及預金証書 *預金は現地通貨、外国通貨を問いません。預金金額は、学費と毎月の生活費を算出し合計金額を計算して、それに見合う額が必要で、1 年間の学費が約80万円と1か月の生活費が約10万とすると2年間で4,000,000 円が必要です。
預金通帳の写しなど
*留学費用を負担する能力があることを証明するものです。
*預金残高証明書の預金金額をどのように形成したかがわかる過去3年分の通帳のコピー。鮮明な第1次コピー(A4版)か、銀行より発行された原本を提出してください。
在職証明書 *所属する職場から発行されたもので、就職年月・職種が記載されているかを確認してください。
*自営業の方は、営業許可書のコピーが必要です。
*営業許可書等のコピーはA4サイズに統一してください。
*営業許可書等のコピーの、文字が読めない部分については、補足説明をつけてください。
収入証明書 *過去3年間の所得収入が詳しく記載されているものを提出してください。
納税証明書 *過去3年分の税務署等が発行する納税証明書で収入または所得金額、納税額が記載されているも のを提出してください。
*納税の義務がない職業の場合には、その法律の記されている、公的な資料をつけてください。

経費支弁者準備書類(日本で生活する人が経費支弁者になる場合)

経費支弁者が準備する書類 経費支弁書 *「日本国外に住む経費支弁者の提出書類」を確認してください。
*生活費の支払いの具体的な方法を記入してください。例えば、『日本滞在中の学費や生活費は全て支払う。お小遣いとして月3万円を本人に手渡す。』など
親族関係証明書 *「日本国内に住む経費支弁者の提出書類」を確認してください。
銀行預金残高証明書 *「日本国内に住む経費支弁者の提出書類」を確認してください。
在職証明書 *会社代表・役員の場合、登記の証明書として「登記事項証明書」の原本を提出してください。
*自営業の方は、本人の氏名が記載されている「許可書」「確定申告書」のコピーを提出してください。
*日本の法律上の、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」に規定される場所で働く者や、その業務に従事している者は経費支弁者にはなれません。その他の職業の方は、「在職証明書」を出してください。
*その他の職業の方は、「在職証明書」を提出してください。
納税証明書 *1ヶ月以内に発行されたものを提出してください。
*3年間の年間総所得金額の記載のある「納税証明書」または「課税証明書」を提出してください。(市・区役所で取得)
住民票 *1ヶ月以内に発行されたものを提出してください。
*世帯全員の記載のある住民票を提出してください。

◆一旦納めた入学金と選考料は理由のいかんによらず返還しない。
◆「在留資格認定証明書」取得後、次のいずれかの場合、入学金と選考料以外の授業料等を返還する。

  • *「在留資格認定証明書」取得後、入学を辞退した場合
  • * 大使館、領事館にてビザ発給が不交付の場合。

「入学許可書」と「在留資格認定証明書」の返還が確認されてから払い戻し手続きを始める。払い戻し手続きにかかる費用は本人負担とする。

◆退学となったものについては、納付金のうち授業料を月割にし、退学月の翌月からの未受講月分を返還する。ただし、本学が負担した手数料を差し引くものとする。

送金(送金にかかる費用はすべて本人負担とする)

銀行名 Beneficiary's Banker Name SUMITOMO MITSUI BANKING CORPORATION
支店名 Branch Name TAKADANOBABA BRANCH
銀行住所 Beneficiary's Banker Address 1-27-7 TAKADA-NO-BABA,SHINJUKU-KU,TOKYO
口座番号 Beneficiary's A/C No. (普通 )4654631
口座名義人 Beneficiary's Name TOEIGAKUIN
SWIFT CODE SMBCJPJT

注意事項

  1. 提出書類の中に偽造または改ざんされた書類が見つかった場合は、入学を取り消す。たとえすでに入学手続きが終わった後でも、東瀛学院は入学を取り消せるものとする。その際には、すでに支払い済みの学費等の一切を返金しない。
  2. 申請後、卒業証書と日本語能力試験合格証明書等、重要原本以外は返却しない。
  3. 来日後、日本の法律に従うこと。
  4. 来日後、犯罪行為を行った場合には、即刻除籍処分となることを了解し、帰国すること。
  5. 来日後、東瀛学院のルールを守ること。

入学までの流れへ

Copyright (C) TOEI INSTITUTE OF JAPANESE LANGUAGE All Rights Reserved.