東瀛学院トップロゴ

ベトナム語

中文

英語

日本語

  • トップ
  • 学校案内
  • コース概要
  • 生活支援・サポート
  • お申し込みのご案内
  • お問い合わせ

一般コース

日本語の資格にはどんなもながあるの?

日本語能力試験

日本語を母語としない人の日本語能力を測定し認定する試験として、国際交流基金と日本国際教育協会(現日本国際教育支援協会)が1984 年に開始しました。開始当初の受験者数は全世界で7,000人ほどでしたが、2011年の受験者数は全世界で約61万人にのぼり、世界最大規模の日本語の試験となっています。
原則として日本語を母国語としない人を対象に、日本語能力を測定し、認定することを目的としています。

日本留学試験

日本留学試験は、外国人留学生として、日本の大学(学部)等に入学を希望する者について、日本の大学等で必要とする日本語力及び基礎学力の評価を行うことを目的に実施する試験です。

BJT(ビジネス日本語能力テスト)

BJTビジネス日本語能力テスト(以下BJT)は、受験者が受験時にどの程度の日本語によるビジネス・コミュニケーション能力を持っているかを測る能力テスト(Proficiency test)です。結果はIRT(項目応答理論)に基づいた統計処理により0~800点で採点され、J1+~J5の6段階のレベルで評価されます。受験者の能力の絶対値を測ることができ、能力の変化を客観的に把握できるのが特徴です。

※詳しくは各サイトにてご確認ください

各種資料ダウンロード

Copyright (C) TOEI INSTITUTE OF JAPANESE LANGUAGE All Rights Reserved.